「余剰電力」/オール電化の次は?naviお役立ち用語集

オール電化の次は?navi HOME  >  オール電化の次は?navi お役立ち用語集  > 余剰電力

余剰電力

余剰電力

太陽光発電システムで発電した電力のうち、自家消費した分を差し引いた残りの電気を余剰電力といい、累計の電力使用量との比較ではなく、実際に太陽光発電から電力系統(電力会社の送配電網)に流れた電気の量を指します。 余剰電力は法令で定められた条件にて電力会社が買い取りを行います。このように、電力会社に売ることができる電力なので「売電」ともいいます。

低炭素化社会実現に向けて、太陽光発電の導入拡大を図るために平成21年11月1日より「太陽光発電の余剰電力買取制度」が開始されました。 買取対象、買取価格、買取期間等については、法律にもとづく経済産業省告示として公表されています。

仕組みとしては、日中、太陽光発電が発電している間、自宅の電力消費を上回る発電となる余剰電力が電力系統に流れます。 この余剰電力をリアルタイムに専門のメーター(売電用メーター)で計測したものを余剰電力として電力会社が買い取ることになります。