「電気予報」/オール電化の次は?naviお役立ち用語集

オール電化の次は?navi HOME  >  オール電化の次は?navi お役立ち用語集  > 電気予報

電気予報

電気予報

電気予報とは、2011年3月に起こった東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故によって、東京電力管内の電力不足が予想され、経済産業省がテレビやラジオで放送することを予定している電気に関する情報のことです。

計画停電を避けるために、電力需要の30%を占める家庭の節電意識を徹底するように促すという意図があります。

例えば、猛暑で日中に需要が高まりそうな場合、「冷房の設定温度を上げて」「使わない家電製品の電源を抜いて」といったコメントを添えて、視聴者に節電するように促しています。

資源もエネルギー(電気)も限られたものだからこそ、より効率的で快適な生活が求められています。おうちエネルギーを賢く使って、より良い暮らしをしませんか?
住まいにも取り入れたい、新しい「ハイブリッドな暮らし」という考え方 ハイブリッドな暮らしとは、電気+ガスで、それぞれのイイトコドリ。
ハイブリッドな暮らしをささえる	新型 ハイブリッド給湯・暖房システム

電気の得意な仕事は電気で、ガスの得意な仕事はガスで。
おうちエネルギーのうち、約52%※1 にあたる「給湯・暖房」に 関わるエネルギーをもっとも効率的な方法で利用します。

  • 一次エネルギー効率約125%
    ※2
  • CO2 排出量約50%削減
    ※3
  • 給湯費用従来の1/2以下
    ※3
  • 温水暖房もハイブリッド対応

※1 資源エネルギー庁エネルギー白書2008」より ※2 2012年3月 リンナイ(株)調べ
※3 2012年3月 リンナイ(株)調べ 従来ガスふろ給湯器との比較