「低炭素建築物」には3つの条件があるんです!

「低炭素建築物」には3つの条件があるんです!

オール電化の次は?navi HOME  >  「低炭素建築物」には3つの条件があるんです!

  • 断熱と日射熱取得性能が求められる「外皮性能」
  • 8つの中から2つを選ぶエコを意識した「選択的項目」
  • 省エネ基準よりも-10%を求められる「一次エネルギー消費量の削減」

条件その1

「低炭素建築物」への定量的評価項目の外皮性能では… これから行く、またはお世話になっている工務店・ハウスメーカーに相談しましょう!低炭素建築物に必要な計算をしてくれます! これでクリア

条件その2

「低炭素建築物」への選択的項目内の2つ採用で…
節水対策 1.節水に質する機器を設置している 2.雨水、井水又は雑排水利用
エネルギーマネジメント 3.HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)又はBEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム)を設置 4.定置型の蓄電池の設置
ヒートアイランド対策 5.一定のヒートアイランド対策を講じている
建築物の(躯体)の低炭素化 6.住宅の劣化の軽減に質する措置を講じている 7.高炉セメント等を使用している 8.木造住宅もしくは木造建築物である
これでクリア

条件その3

「低炭素建築物」への定量的評価項目の一次エネルギー消費量では… 高効率給湯器の設置がオススメです!その中でもハイブリット給湯器なら一次エネルギー消費量の基準を簡単にクリアすることができます! 電気とガスのイイトコドリができるのはハイブリット給湯・暖房システムだけ!!全国の暮らしをお得に快適にするために生まれました♪ ハイブリット給湯・暖房システム「エコワン」 低炭素建築物の認定基準に基づく給湯一次エネルギー消費量比較(GJ) ハイブリット給湯器「エコワン」を選ぶことで、一次エネルギー消費量を一気にクリア! これでクリア
  • 「低炭素建築物」とは?
  • 優遇制度について
  • 低炭素建築物認定のためには?
  • 改正省エネ法って何が変わったの?