「低炭素建築物」の優遇制度はどんなものがあるの?

「低炭素建築物」の優遇制度はどんなものがあるの?

オール電化の次は?navi HOME  >  省エネ基準より一歩進んだ「低炭素建築物」ってどんな住宅なの?

  • 「低炭素建築物」とは?
  • 優遇制度について
  • 低炭素建築物認定のためには?
  • 改正省エネ法って何が変わったの?

「低炭素建築物」の認定で受けられる優遇措置は「税制の優遇」です。

税制優遇
住宅ローン減税やフラット35Sの金利引き下げやその他減税制度があります。
中でも特に大きな優遇となるのが、「住宅ローン減税の拡充」と「フラット35Sの金利引き下げ」を含む税制の優遇です。

税制優遇

低炭素建築物が税制にどれほどの優遇があるのか、一般住宅と長期優良住宅で比較しました。
低炭素建築物
住宅ローン控除のローン限度額について、一般住宅が4,000万円であるのに対し、低炭素建築物は長期優良住宅と同様、上限が5,000万円となります。また、「フラット35S(金利Aプラン)」の対象で、適用金利から当初10年間0.3%引き下げの優遇が受けられます。

もっと低炭素建築物について知りたいですか?

  • 優遇について
  • 認定について
  • 改正省エネ法について

「低炭素建築物」は大きな投資費用なく優遇制度を受けられます。

低炭素建築物の3つの条件はこちら
CO2排出抑制が目的の「低炭素建築物」ですが、高効率給湯器器はCO2排出抑制ができます!