太陽光発電の初期投資はおおよそ何年で回収できますか?/太陽光発電Q&A

オール電化の次は?navi HOME  >  太陽光発電Q&A  >  太陽光発電の初期投資はおおよそ何年で回収できますか?

太陽光発電Q&A

太陽光発電の初期投資はおおよそ何年で回収できますか?

太陽光発電による初期投資の回収については、立地条件や設置場所、屋根の形状、面積、角度などによって発電量が異なるため、一概にいえません。ただ、現在は固定価格買取制度を上手に利用することが投資回収の早道となります。固定価格買取制度とは、太陽光で発電した電力から消費した電力を差し引いた電力を電力会社に売電することができ、その売電価格が10年間固定である制度です。その固定価格が一般的に電力会社から購入する電気単価より高い単価(平成26年度は1kwあたり37円)で売ることができるのです。つまり今の制度下では、太陽光で発電した電力は自家消費するよりできる限り売電したほうがお得なのです。例えば、オール電化住宅では全ての熱源が電気となり、電力の自家消費量が増加してしまうため、余剰電力量が減少して売電額がすくなくなてしまいます。太陽光発電は導入の初期投資がかかりますので、賢く売電することで回収を早めることができます。

できれば信頼できる業者に、発電量や売電価格、光熱費の削減額の予測、設置費用の見積りを依頼することをおすすめします。