在来工法の住宅でも太陽光発電は導入できますか?/太陽光発電Q&A

オール電化の次は?navi HOME  >  太陽光発電Q&A  >  在来工法の住宅でも太陽光発電は導入できますか?

太陽光発電Q&A

在来工法の住宅でも太陽光発電は導入できますか?

太陽光発電は、屋根に載せるのが一般的になっていますので、住宅の耐久面が心配されます。新築の場合には、太陽光発電の荷重も折り込んで、建物の設計を行います。在来工法や既存の建物の場合、構造を調査して太陽光発電システムを住宅の屋根に載せても影響がないかどうかを調べてから設置することになります。影響のある場合は基礎の補強をし、構造部材断面に耐力を補う施工が行われます。

もしも建物に問題があって太陽光発電を設置できない場合は、補強をして取り付けるか、もしくは断念せざるを得ない状況もありますので、予め確認してもらいましょう。