太陽光発電に使える補助金はありますか?/太陽光発電Q&A

オール電化の次は?navi HOME  >  太陽光発電Q&A  >  太陽光発電に使える補助金はありますか?

太陽光発電Q&A

日当たりや天候で太陽光発電での発電量はどれくらい影響を受けますか?

太陽光発電は日が当たらなければ発電することができません。一番ベストな設置場所は、日当たりのよい南面で、日光を遮るものがないところです。南面の発電量を100%とした場合、北面では40%ダウン、東西面では5~15%ダウンするといわれています。また傾斜角度によって数%ダウンすることもあります。

太陽光発電の場合、天候によっても発電量に違いが出てきます。 晴れのときは日光が当たりますのでしっかり発電できますが、曇りになると発電量が減ります。さらに雨になるとさらに発電量が減少し、曇りや雨の日が続けば発電量は大幅に落ちてしまいます。また屋根に雪などが積もり日光を遮ってしまうと、全く発電しなくなります。

太陽光発電は暑い季節が良いわけではありません。太陽光パネルは低温の方が効率良く流れるため、屋根の温度が60度以上になる夏場よりも、春先の気温のほうが効率よく発電できるのです。