寒冷地向けのハイブリッド給湯暖房システムは通常のものと何が違いますか?
/ハイブリッド給湯・暖房システムQ&A

オール電化の次は?navi HOME  >  ハイブリッド給湯・暖房システムQ&A  >  寒冷地向けのハイブリッド給湯暖房システムは通常のものと何が違いますか?

ハイブリッド給湯・暖房システムQ&A

寒冷地向けのハイブリッド給湯暖房システムは通常のものと何が違いますか?

寒冷地向けのハイブリッド給湯暖房システムには、北海道向けと本州寒冷地向けと2タイプあります。
両タイプとも特長として

①外気温が低い地域でも能力を発揮できる電気ヒートポンプの採用。

②暖房の熱需要が高いため、寒い冬に必要とする暖房能力と光熱費低減を両立していること。

③石油熱源で使用されている密閉式パネルラジエータにも10台接続が可能であること。

以上の3つがあります。
これらの理由から、光熱費もガスだけ、灯油や電気だけの熱源よりも安くなります。