原発問題が解決していないのに、オール電化にしても大丈夫なのですか?
/オール電化Q&A

オール電化の次は?navi HOME  >  オール電化Q&A  >  原発問題が解決していないのに、オール電化にしても大丈夫なのですか?

オール電化Q&A

原発問題が解決していないのに、オール電化にしても大丈夫なのですか?

現在の東京電力が直面している状況から、オール電化は推奨できないです。
理由として、

①福島原子力発電所が廃炉になって使えなくなり、新規建設も見込めない中、将来に渡って原子力前提の料金プランが成り立たない

②家庭向けの値上げも実施されてきている
つまり電気料金、特に深夜電力料金が見直され、値上がりする可能性が高い状態です。
光熱費が安くなるメリットがなければ、ライフラインを一つに絞るリスクを取る必要性がないと考えます。


最近では、“電気とガスをハイブリッドする”考えが高評いただいております。
それは電気とガスの2つのエネルギーがある安心感と、2つのエネルギーをベストミックスすることで電気やガスだけよりも省エネになるということです。

つまり電気ガス併用になってもハイブリッドであれば光熱費の負担も軽減されます。
現状を考慮しますと、ハイブリッド給湯器「エコワン」をお勧めいたします。