オール電化にするにはどんな工事が必要なの?/オール電化Q&A

オール電化の次は?navi HOME  >  オール電化Q&A  >  オール電化にするにはどんな工事が必要なの?

オール電化Q&A

オール電化にするにはどんな工事が必要なの?

オール電化にするためは、いくつかの工事が必要となります。

■100Vから200V(ボルト)へ
一般的な家庭の配線は、100Vとなっています。
IHクッキングヒーターやエコキュートなどの200V機器を使用するには、200Vの配線工事が必要となります。多くの場合、200V配線は家の中まで来ていますので、基本的には、分電盤から機器までの配線工事で済みます。

■アンペアブレーカーの交換
現在設置しているものが使えない場合は、アンペアブレーカーを交換する必要があります。

■漏電遮断機の交換
オール電化の機器にあった漏電遮断機に交換する必要があります。

■引込み線の増強
容量をふやすため、引き込み線を太くする必要がある場合があります。

個別のコースにより工事費用は変わってきますので、各電気工事会社にお問い合わせください。